「事例から学ぶ商標活用ガイド」が発行されました(特許庁)

特許庁から、「事例から学ぶ商標活用ガイド 2024」が発行されました。
ガイドはこちらからDLできます。
失敗事例・活用事例の他、商標制度についてもわかりやすく説明されています。

ガイドでは、失敗事例として”他社による先取り”が挙げられていますが、保有している権利が、自社の商品・サービスを不足なくカバーできているかも非常に重要なポイントです。
業種・規模にかかわらず、事業をする以上、商標の問題は必ずついて回ります。
ぜひ、積極的に専門家にご相談下さい。

関連記事

  1. 代表者が保有する商標権を会社に移転する場合に留意すべき事項
  2. 特許出願の受領書へのDASアクセスコード記載の廃止
  3. WIPO主催:世界知的財産の日2024 ユース動画コンテスト
  4. 意匠出願前にデザインを公開した場合の手続きについて(新規性喪失例…
  5. 米国出願:非DOCX形式出願への追加手数料適用開始(2024年1…
  6. 特許情報プラットフォームの機能が改善されました(2024/2/2…
  7. 抑えておきたい個人情報保護(中小企業向け)
  8. プロセスエコノミーと知的財産権(前編)
PAGE TOP