韓国改正特許法の施行(2021年11月18日から)

2021年11月18日以降に取下げ・放棄された特許出願(審査請求済)について、以下の3つに該当する場合には、既に納付した審査請求費用の返還を受けることができるようになりました(韓国特許法第84条)。

(1)先行技術調査業務の結果通知があった後に取下げ・放棄をした
→全額返還

(2)同一発明について同一人により同日に2以上の特許出願がなされ、期間を定めた協議の結果申告命令発行後、当該申告期間満了前に取下げ・放棄をした
→1/3返還

③拒絶理由通知後、意見書提出期間前に取下げ・放棄をした
→1/3返還

関連記事

  1. 中国商標登録(マドプロルート)での留意事項
  2. フィリピン:2023年知的財産権出願動向
  3. 米国出願:非DOCX形式出願への追加手数料適用開始(2024年1…
  4. ベトナム商標登録(マドプロルート)での留意事項
  5. WIPO主催:世界知的財産の日2024 ユース動画コンテスト
  6. 【EPO】侵害訴訟または取消訴訟が提起されている場合の異議申立の…
PAGE TOP